次ページへ
はじめに










































 
 『日本書紀』(以下『紀』とします)には謎が多くあります。
 中でも、『紀』の編纂を命じた、主人公とも言える天武(てんむ)天皇は謎に満ちています。
 天武天皇はその治世十年(西暦681年)に「帝紀および上古の諸事の記録・校定を命じた」とあり、これが『紀』の編纂開始と解釈されています。しかし『日本紀』(『日本書紀』ではありません)として撰上されたのは、実に39年後の720年で、天武天皇の孫娘になる元正天皇の代になっていました。だから天武天皇は完成を見ていません。
 『日本紀』と『日本書紀』の名称についてもさまざまな論がありますが、ここでは同一書として扱うことにして、『日本紀』を奏上したのは天武天皇の子の舎人親王(とねりしんのう)で、神代から「持統紀」までの三十巻の天皇紀と系図一巻という大部でした。その中で、「天武紀」は歴代天皇の中でただ一人、巻第二十八(壬申の乱)と巻第二十九(即位から崩御まで)の二巻を占めています。それなのに、天智天皇の東宮(皇太子)になるまでの状況がまったく記されていません。
 実兄とされる天智天皇の皇子時代について言えば、死を覚悟して決行した「乙巳(いっし)の変」(いわゆる「大化の改新」のクーデター)にも、百済復興のために母の斉明天皇を旗印にして大軍を率いて九州に征西した期間でも、天武天皇の所在は不明です。それにもかかわからず、「壬申の乱」で天智天皇の跡を継いで、正当な天皇になったとされているのです。
 ここから、『紀』は天武天皇の本当の出自と天皇即位の裏の事情を正確に記したくなかったのでははないか、その実体を隠さなければならない大きな理由があったからではないか、と考えられることになって、様々な疑問が提起されています。
 名前の謎、年齢の謎、婚姻の謎、皇位簒奪(さんだつ)の謎、祭祀(さいし)の謎・・・。古くから数多くの文献、また多くの歴史学者によって指摘されています。
 『紀』の最終段階で重要な役割が果たしたのは、天智天皇の娘だった持統天皇元明天皇、そして天智天皇の腹心だった藤原鎌足(ふじわらのかまたり)の子の不比等(ふひと)です。そして、「大王家が国を支配する正統性」を骨幹にして、不比等が実質的に指導・校正して完成させたのが『紀』の特色である、とされています。従って、『紀』が天武天皇の実体を隠したのは、隠さなければ『紀』が成り立たなかった、つまり「皇統譜をつなげて綿々と続く大王家が国を治める権威を作る」という『紀』の大命題に反したからだ、と推測されるわけです。
 『紀』の完成は不比等が没するおよそ二ヶ月半前でした。だから『紀』は単に歴代天皇の事跡を羅列した「国書」ではなく、「不比等の思想を持たせるために編集し直された歴史作りの書だったとみなさなければなりません。だからある意味で、『紀』の本文が残って系図だけが失われたのは当然な気がします。天武天皇の出自も記した系図は、恐らく奏上直後か不比等が薨じる直前には焚書されており、写本は永久に発見されない気がします。
 天武天皇自身と、天皇につながった母の皇極(斉明)天皇・兄の天智天皇・従弟の弘文天皇などにまつわる謎を分析しながら、『紀』の辻褄合わせから天武天皇の出自と即位の背景を明らかにする挑戦をしてみたいと思います。
   -----------------------------------------------------------------------------------
 歴史の門外漢が『紀』の記述方法や思想に注目しながら読み直して、長年の疑問を整理するために書き直して、自称”森を見て木をほじくる流推理”の「推理学」として、謎解きに挑戦するのが本論です。
 書かれていることから書かれていないことを推理するという思考を重ねてゆくにつれて、正直なところ、自分でも予期しなかった結論に導かれて、非常識、不遜と思われるかもしれない論を展開せざるを得なくなった箇所が多くあります。しかし、それらの再考証によって、根拠なしとは言えない状況証拠も示すことができたものと思っています。
 古代史になじみが薄い方にも読みやすく理解しやすいように、文章はできるだけ平易にして、造詣が深い方々には蛇足で目障りかと思いますが、文中の多くの漢字にふりがなを振りながら、多くの専門用語や固有名詞、古語については百科事典サイト「Wikipedia」にリンクさせることで、煩雑な注釈を避けました。
 尚ほとんどのページのエンコードは日本語(シフトJIS)ですが、一部非JIS文字を使用したページはUnicode(UTF-8)になっています。自動判別されて正確に表示されると思いますが、不具合がある場合はエンコードをお確かめください。
 消化不良の箇所、必要なことを言い尽くしていない箇所も多々指摘されると思いますが、ご理解いただきたいと思います。
 なお付表に重大なミスがあり2014.03.12以降に修正また本文の修正も行っています。
 また、蘇我稲目の墓の可能性が指摘されることになった「都塚古墳」については、あとがきの追記をご覧ください。

【お願い】本サイトに上げてある系図や年表はすべて著者が作成したものであり、著作権を有しています。系図・系譜を他のサイトやブログあるいは書籍などでご利用のご希望がありましたら、必ず事前にお知らせ戴きますようお願いします。

 終り無き挑戦が続きます。ご意見、お気づきの点があれば、メールにてお知らせいただけたら幸いです。メールはこちらから
                                                     (執筆 2009.10.07 〜 2017.07.16)

目  次
【第1章】
謎を検証
する
(1)天武天皇の生年の謎 @古人大兄皇子と『神皇正統記』 A草壁皇子と大津皇子
(2)天武天皇の兄弟と血縁の謎 @大海人皇子の名称 A采女と額田姫王 B七人の姫王 C額田姫王と鏡姫王
(3)天武天皇の婚姻の謎 @第三皇子と『続日本紀』 A政略結婚と陰謀 B皇女の下賜 C近江遷都
(4)天智天皇の婚姻の謎 @蘇我倉山田石川麻呂の娘たち A建皇子と斉明大王 B建皇子と間人皇女 C孝徳大王と「王陵の谷」
(5)蘇我氏の謎 @宗像氏と安曇系大海氏 Aソガの飛鳥と鳥族 B天武天皇と翼
(6)天武天皇の皇位継承の謎 @大友皇子の即位と「不改常典」 A草薙剣の祟り B遁甲と間諜
【第2章】
謎に迫る
(1)宝皇女(皇極・斉明)の謎 @宝皇女と蘇我蝦夷 A推古天皇と蘇我馬子 B高向王と漢皇子
(2)蘇我蝦夷の謎 @「乙巳の変」と高向臣 A「斉明紀」の鬼 B元興寺と川原寺
(3)蘇我入鹿の謎 @蘇我入鹿と漢皇子/山背大兄王 A蘇我入鹿の弟と祖母 B藤原鎌足の陰謀の法則
(4)「壬申の乱」の謎 @漢の高祖と蘇り A大嘗祭と皇室祭祀 B倭漢氏の大罪 C「八色の姓」
 【第3章】
謎を解く
(1)天武天皇の系図の謎 @用明大王の孫 A用明大王の曾孫
(2)日本神話の謎 @スサノオと牛頭天王 Aアマテラスと藤原不比等 B藤原不比等と『日本紀』
(3)付表・年表 天武天皇出自及び蘇我氏推定略系図/関係主要人物年表
      あとがき・参考文献
                                                                                                  【第1章】へ
inserted by FC2 system